彼氏ができた体験談

アルバイトに来ている女の子に…

以前勤めていた某コンビニの出荷作業をしていた会社で、出荷作業を終えた後に行う出荷品にシールを貼る仕事を僕らの負担を減らすためにアルバイトを雇っていた。
僕ら社員も定時より少し残業して、キリの良い場面でアルバイトの方々と交代するために、僕らとアルバイトの方が共に作業をする時間も何時間かはあったため、少し会話をしたり、ちょっとした交流はありました。
大半が年配の方なのですが、時折学生さんや社会人の副業組も入ってきていました。
僕は、性格的に人に話しかけたりして、色々な話を聞くことが大好きです。
もちろん、アルバイトの方々にも、ご年配の方から若い人まで分け隔てなく話しかけたりしていました。

 

そこで、その場のノリみたいなものでなぜか女子高生2人にカラオケを誘われることになりました。
こちらも男2人向こうも女2人で、恥ずかしい話、その時免許はあるけれど一人暮らしを始めたばかりで車もバイクも持っていなかったので、バスで街中まで繰り出しました。
もう一人の男はバイクで向かいました。
そして、カラオケボックスで少し悪ノリしたりしながら、楽しい時間を過ごしました。
でも、女の子のうちの一人の様子が少し変で、僕の手を掴んでは胸あたりに手を置いたりしていました。
僕は少し変だな、とは思っていたのですが、そういう女の子もいるんだな、程度にしかその時は思っていませんでした。

 

それから、カラオケは終わり、帰ろうとすると先程の女の子が終電がないと言い始めました。
そして、僕の家に泊まることになりその時に告白されました。
もちろんいきなり一人暮らしの家に泊まりにきて何て大胆な娘なんだと思いながら一夜を共にしました。
翌日、寝坊してしまい会社からは大目玉を喰らいましたが、とてもラッキーな日でした。

関連ページ

猛プッシュの末